fc2ブログ

苗帽子




苗帽子


熱帯スイレンの植え付けをスタートにあわせ、今年も苗帽子を倉庫から取り出しました。

陶鉢より苗帽子の外径が小さいため少し水に沈みますが反対に水が重石になって苗帽子が風で飛ぶのを防いでくれます。

ライズボールプランター450は陶鉢より外形が大きいのでだいぶ沈んでしまいました。

直径であと5cmほどあったらいいのですがメーカーさん作ってくれないな?




スポンサーサイト



【2010/05/26 00:05】 Water Garden | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
top>>

【 悩み 】

ラビさん、おはようございます

苗帽子は、1日中被せているのですか?
熱帯種の栽培は、去年9月からなので
よく判りません^^;
車と同じで相当高温になってしまう気が・・・
昔、食虫植物を作っていた時に温室の窓を
開け忘れて煮てしまった経験が><。。。

ご教示いただければ、幸いです m(_ _)m

【2010/05/26 06:29】  URL | 煩さん [ 編集]
top>>

【 苗帽子 】

はじめまして、ニコと申します。
去年から熱帯睡蓮を育てている者です。
ホームページが大変ありがたく、勉強させていただいております。
今年初めての越冬に成功し、浮かれて植え替えを済ませてしまい
このところの低温に悩んでおりました。
以前この苗帽子をこちらで拝見して、JAのお店で見かけて即買いしました。
水温が下がるのを和らげてくれているようです。
ありがとうございました!

【2010/05/26 12:03】  URL | nico [ 編集]
top>>

【 やはり… 】

苗帽子をすることを考えると
やはり熱帯睡蓮には陶鉢の44cmが
一番使いやすいようですね…
温帯睡蓮には 深さといい、ライズボール45cmですかね。
異動させるとき 持ちやすいのも 気に入っています。
フィレンツェボールは 持ちにくくて A^_^;;;

【2010/05/26 17:06】  URL | みも [ 編集]
top>>

【 苗帽子 】

煩さん

苗帽子をかぶせる時期は5月から6月ごろの気温の低い時期です。
特に梅雨時は気温が下がりますので水温低下防止には有効です。
また、帽子の上部には穴が開いていますのでスイレンが煮えることはないと思います。
水温上昇が気になるようでしたら、夜間だけかぶせるだけでも違うと思います。
苗帽子が風を防いでくれるので水温の低下が抑えられます。


nicoさん

苗帽子お役に立てて何よりです。製造者に代わって御礼申し上げます。
多分苗帽子を熱帯スイレン栽培に使ってNETで公開したのは私が初めてだと思います。
使ってみてこれがなかなかの優れものです。でもこういう使い方は想定していないので、みんなが使ってくれて、多くの改善を要望したらメーカーさんももしかしたら対応してくれるかもしれませんのでどんどん使って、改善要望してください。(笑)
ちなみに、私の要望は耳をもう一回り大きくするか苗帽子を少し大きくして欲しいということです。


みもさん

そうなんです。大きさ的には陶鉢の44cmがちょうどなのです。
水をいっぱい入れなければ少々沈んでも問題ないので水位を下げるのも一つの方法かもしれません。
なんとかライズボールプランター450でも使えるよう、アクリルで耳をつけたりできないか現在検討しています。良いアイデアが浮かんだらまた、ブログで公開します。

【2010/05/26 20:26】  URL | ラビ(管理人) [ 編集]
top>>

【 苗帽子 】

ラビさん、こんばんわ^^

たぶん、ラビさんはご存じでしょうが、苗帽子の
アカサカ楽天店にはツバヒロ型のLがあります

私は、もっぱら4号深型の愛用者ですが、なぜか
Lの方が安いんですよねw

これより、もうちょっと大きければ丁度良い気が
します。

御指導の通り、被せて実験した所、外気温+4度で
推移してました、案外上がらない物だったんですねw

【2010/05/29 01:18】  URL | 煩さん [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
              

スパム対策のため半角での書き込みができません。入力は全角にてお願いします。



top>>

この記事のトラックバックURL

top>>