FC2ブログ

スイレンの植え替え




スイレン
植え替え


先日、増殖モードのスイレンを開花モードへ切替できるか試しに植え替えましたが、期待した通りの結果になりそうです。

既に増殖モードのN. Barbara Barnettが植え替えしたとたん2鉢共開花しましたし、N.LeopardessとN.Miami Roseも蕾が上がってきました。

そこで、開花したけどその後蕾が上がってこない品種についても植え替えしてみることにしました。

これらの水鉢に共通して見られる特徴は水の色が黒く濁っているということです。
底に行くに従い水が黒くなっています。
鉢を水から上げてみますと用土の表面が黒くなっているのが見受けられました。
スイレンが肥料分を吸収しきれていないのかもしれません。

そこで、これらの鉢も植え替えて用土を新しいものに交換してみました。
根がしっかり張っているものもあれば、少ないものもあります。
植え替え用の土ですが既に根が張ってきているので少し柔らかめに練ったものを使いました。

作業手順ですが、散水用ノズルを直流に切り替えてプラ船に鉢をおいて、鉢の用土に直接水を放水して水圧で土を掘ります。
ある程度根が現れてきたら株を鉢から取り出して引き続き水をかけて用土を落とします。
水で掘ることで根を傷めずにスイレンを掘り出すことができます。

注意することは、もちろんこの時期ですからいくつかの分球もできていますので水圧で増殖バルブが外れて判らなくなったり、どの品種のものか判らなくなったりと言うことがありますので、ふるいなどの上で丁寧に掘り出したほうが良いです。

できるだけ根は傷めずに植え替えたいのですが、鉢の中でサークリングして長いものもありますので植え込みやすいように切りそろえても熱帯種はこれまでの結果を見ているとそんなに心配しないでも大丈夫のようです。

植え替えた睡蓮と分球したバルブは同じ鉢に少し離して植えつけました。


今回熱帯種を5品種植え替えしましたが、ふと温帯種のキングタライを見ていてN.Black Princessの葉が小さくなって枯れたものもあるのに気づきました。

今年の気候の影響か全く花が咲いていませんでしたので、熱帯種では植え替えしたほうが元気になるということが判ってきたので思いきって温帯種のN.Black Princessも植え替えしてみることにしました。
さすがに根を切りそろえるのは問題がありそうな気がしましたので根を傷つけないように注意して水圧で掘りあげてこちらも植え替えしてみました。

結果がどうなるか楽しみです。















スポンサーサイト



【2009/08/24 10:07】 Water Garden | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
top>>

【 開花モードへ 】

こんばんは。
毎日こちらで目の保養をさせていただいています。
この記事を読んで、早速ホームセンターへ行って荒木田土を買い求め、花芽が全く育たないStar of Siam を植え替えました。

この時期の植え替えが功をなすか、お互いに楽しみですね。

ブルーベリーは引越しで3鉢に激減し、収穫量も雀の涙となりました。おまけにアリの巣も一緒に引っ越してきたらしく、3階なのに部屋に行列が・・。

やはりベランダより、庭のある生活がいいですね^^。

【2009/08/24 22:08】  URL | marigold [ 編集]
top>>

【 ご無沙汰しています。 】

marigoldさん
ご無沙汰しています。
ブログのコメントを取られていないので書き込みは出来ていませんがブログの方は拝見させてもらっています。
Star of Siam の植え替えうまくいくと良いですね。うちのStar of Siam は水槽で花芽が出てきたので大睡蓮鉢に移したところ何が気に触ったのか蕾も枯れてしまい休眠のような状態になってしまいました。水温が低かったのかもしれません。
実験で増殖モードのスイレンを開花モードに切り替えることが出来ると言うことがわかったので調子を崩しているスイレンも植え替えれば回復させることが可能かもしれません。どうせ咲かないのであれば試してみようと思った次第です。
途中経過はブログにUPしますのでmarigoldさんもブログにUPお願いします。

【2009/08/24 23:23】  URL | ラビ [ 編集]
top>>

【 手先が器用~ 】

株分けって 結構もつれた糸を解くみたいに
根気が要りませんか? A^_^;;;
ちょっと間違えると 傷めてしまったりして。
marigoldさんもラビさんも 器用に細かく分けられるので
感心しています A^_^;;;

【2009/08/24 23:46】  URL | [ 編集]
top>>

【 熱帯種の肥料 】

こんにちは。
宮川さんのマニュアルによると熱帯種の追肥はお盆くらいまでと記載してあります。今の時期に植え替えて肥料を与えた場合、越冬には影響がありませんか?ちなみにラビさんは熱帯の追肥時期はいつまでO.K.とお考えでしょうか?ウチもマイアミローズが爆殖モードなのですが余剰株がありませんので越冬のことを考えると植え替えを躊躇しています。

【2009/08/26 04:05】  URL | ノブ [ 編集]
top>>

【 植え替えと追肥 】

ノブさんおはようございます。
追肥の時期については一律に盆ぐらいまでというのはどうかと思います。
熱帯スイレンには生育期と休眠期があるのは知られていますが、私はこれまでの栽培経験から生育期にも開花モードと増殖モードがあると考えています。また、これら開花、増殖モードとは別に休眠モードと呼べるような状態になっている物もあるので、それも加えると生育期でも開花モード、増殖モード、休眠モードの3タイプがありこれらの形態によって対応するべきではないかと考えています。
これらを整理すると下記の3タイプとなります。

タイプA 休眠期→生育期(成長→開花モード→増殖モード→休眠モード)→休眠期
タイプB 休眠期→生育期(成長→増殖モード→休眠モード)→休眠期
タイプC 休眠期→生育期(成長→休眠モード)→休眠期

理想はタイプAです。このタイプですとお盆ぐらいに肥料を切れば9月中頃に肥料分がなくなり開花モードから増殖モードに切り替わり、寒さが増せば休眠モードに入っていきます。十分寒さにあてることによってバルブが硬くなり越冬するための準備ができます。
このタイプAは遅くまで肥料を与えると12月に入っても休眠モード(成長不良)には入るけれど休眠期にはなかなか入らないということがありうちでも強制休眠させて越冬に失敗したという事例もありました。

タイプBについては7月時点で疑いがあったので実験を兼ねて8月初めに植え替えしたところ思惑通り増殖モードから開花モードに切り替わりました。
このグループについては元肥を規定量入れていますので今後追肥はしない予定です。今の肥料が切れればそのまま増殖モード~休眠モードに移行すると考えています。

先週末植え替えたのは3番目のタイプCに入っていると疑われるスイレンです。時期的には遅いかもしれませんが実験も兼ねてどういう変化があるのか確認したいと考えています。元肥ですが通常の半分を施肥しました。(2-3週間で何らかの結果が出ると思います。)10月になっても肥料分が残ってそうであれば赤玉土100%に植え替えしても良いですし、越冬方式に合わせて堀り上げて(葉と根の状態)屋外水槽で寒さにあてても良いかな?とも考えています。

ノブさんところのマイアミローズですが既に増殖モードであれば余剰株という観点から植え替えても植え替えなくても一緒だと思います。
余剰株は肥料分を取り合っていると思いますので今の状態より植え替えて離してやった方がバルブを肥大させるという点ではメリットがあるのではないでしょうか?私なら今からでも植え替えします。但し、元肥は少なめか無しでも良いかもしれません。(うちの用土は赤玉土+牛糞+腐葉土です。ので牛糞分の肥料は元々入っています。)

【2009/08/26 10:40】  URL | ラビ(管理人) [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
              

スパム対策のため半角での書き込みができません。入力は全角にてお願いします。



top>>

この記事のトラックバックURL

top>>