FC2ブログ

倉方ビワ




倉方ビワ


遅ればせながら倉方ビワに袋かけしました。もう少し早くしていたら鳥とカナブンに先を越されることもありませんでした。(涙)

今年、上の方はほとんどアウトです。

来年はもう少し早くしよう!


スポンサーサイト



【2008/06/18 00:01】 Berry's Garden | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)
top>>

【 熱帯スイレン 】

熱帯水練の冬越しで検索していてたどりつきました。
初めての訪問で失礼ですが教えていただけないでしょうか。
冬越しした熱帯睡蓮(多分ティナ?)の芽がいまだに出ません。根は硬くてしっかりしているのですが。地域は関東です。

【2008/06/21 08:10】  URL | masaki [ 編集]
top>>

【 熱帯スイレンの冬越し 】

masakiさんおはようございます。
この時期になっても目覚めないというのは心配ですね。
越冬時期の温度等で深い休眠になってしまい目覚めないことは良くあるようです。かくいう私のところも2年動きのないバルブがありますがバルブはしっかりして堅いままです。
これは極端な例ですが秋になって動き出したり、次の年に目覚めたという話も聞いたことがあります。
バルブがしっかりしているのであれば未だ休眠中だと思われます。
強制的に休眠打破する方法もあるようです。よくあるのがジベレリンで処理をする方法です。私は種の発芽促進では使ったことがありますがスイレンでは試したことはありません。うちにも3品種ほど目覚めていない株がありますのでもうしばらく様子を見て一度試てみようと考えています。
とりあえず、しばらくそのままで様子を見られてはいかがでしょうか?

【2008/06/21 09:12】  URL | ラビ(管理人) [ 編集]
top>>

【 お礼 】

早速ありがとうございます。
果報は寝て待てということですね。
去年、足利フラワーパークで熱帯睡蓮を見て育ててみたいと思ったのですが埼玉では限界がありそうです。
(私は埼玉在住です。)
今日は雨です。
雨の中でかさをさして睡蓮を見ていました。
雨の中の睡蓮はよいものですね。

時々訪問させていただきます。

【2008/06/21 10:10】  URL | masaki [ 編集]
top>>

【 No title 】

ラビさんこんばんは、今日も教えていただきたいのですが、ムカゴからの増殖を試みたのですが葉を裏返しておくと葉も根も水中で下に向かって伸びていきます。これを植えつけるには葉の表側に成長点があると思い葉の表側を上にして植え付けました。
その結果、根が上を向いてしまうので横にして小石で抑えておきました。
これでよかったのでしょうか?
それと、成長点と思っている部分がだんだん沈んでいき、土の中に隠れてしまいます。土をよけて成長点を出したほうが良いのでしょうか?
いつも質問ばかりですみませんがよろしくお願いいたします。
それと先日教えていただいたジベレリンでの休眠打破の報告ですが失敗のようです。相変わらず目を覚ましません。来年までこのまま寝かしておいて見ます。

【2008/08/22 22:21】  URL | masaki [ 編集]
top>>

【 ムカゴの育て方 】

masakiさんこんばんは!
うちでもムカゴの育て方は昨年趣味の園芸で紹介された葉を裏返す方法をしています。
根と葉がでてもしばらくはそのまま浮かせていますので根は下に葉は上に伸びていますので根が上に伸びることはありません。
ムカゴを横にして土に押さえる場合は石よりも竹ひごや園芸用のアルミ線で押さえる方が良いと思いますよ。

【2008/08/23 00:21】  URL | ラビ(管理人) [ 編集]
top>>

【 成長点 】

ラビさんおはようございます。
早速ありがとうございます。すみませんまだよく分からないのですが成長点を土からだして植えつけるようにと書いてあったのを見たのですが根をそのまま土に植えつけると成長点は下を向いて土の中に入ってしまうのではないかと思っています。
ムカゴの成長点はどこにあるのでしょうか?

【2008/08/23 07:39】  URL | masaki [ 編集]
top>>

【 ムカゴの育て方 】

masakiさんこんばんは!
ムカゴの生長点は普通に見て葉の表側だと思いますよ!
たぶんムカゴの植え付けが少し早いのではないでしょうか?根と葉が出て葉が展開するまで葉は裏返した状態で、成長してから用土に植え付ければ成長点が何処にあるかとか心配する必要は無いと思います。

【2008/08/23 18:54】  URL | ラビ(管理人) [ 編集]
top>>

【 横レス失礼します 】

masakiさんのムカゴの状態を見ないと一概に言えないのですが、ムカゴの付いた親葉が元気で枯れていなく、裏返した親葉の下でムカゴの根と葉がかなり成長していて同一方向(上)に伸びているのでしたら、親葉をムカゴから切り離して根を折らないように横~下に向けて土に定着させて植え付けると良いと思いますよ。
結構、柔軟性があるので丁寧に扱えば折れませんから。
それから成長点が多少土に埋まっても大丈夫ですよ。
でも深すぎると良くないです。

親葉付きでムカゴの葉が上、根が下で育っているのなら親葉付きで植え付けて構いませんし、親葉が溶けて無くなった状態で水に浮かべて置けば大抵、自然に葉が上、根が下になります。

水中葉ばかりの育ちの悪いムカゴならU字にした針金入りビニタイのU字の間にムカゴ苗を挟んで土に刺せばそのうち根が伸びて定着して成長を始めると思います。

臨機応変に試行錯誤しながら頑張って下さいね!。
ラビさんのコメントと重複していますが参考になればと思います。

【2008/08/23 23:42】  URL | ちい [ 編集]
top>>

【 ありがとうございます 】

ラビさんちいさん、ありがとうございます。
お二人のご説明で私のやり方でそんなに大きな間違いはしていないと思いましたのでまずは安心です。
このところ私の住んでいる埼玉は涼しい日が続き子株の成長が悪いような気がします。あまり暑くても困りますが・・・。
ハスは蕾の数も少なくなり終わりを告げようとしていますが熱帯スイレンはまだまだ楽しませてくれそうですね。

【2008/08/24 09:23】  URL | masaki [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
              

スパム対策のため半角での書き込みができません。入力は全角にてお願いします。



top>>

この記事のトラックバックURL

top>>