FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-)
top>>

熱帯スイレンの植付け



熱帯スイレン植付け

熱帯種の植付けもオーストラリア種を除いて何とか終了。

今年は植付ける際少し工夫をしてみました。

熱帯スイレンの年間の成長サイクルは覚醒期→成長期→開花期→増殖期→休眠期です。

通常、5月終わりから6月にかけて目覚めて植え付けすると7月中頃から花芽がでて開花し出します。ところが8月に入ったぐらいから成長が止まり花が咲かなくなる株が幾つも出てきます。当初は増殖モードに移行したと考えていましたが、よく観察してみるとその原因が根量が増えたために用土が持ち上がって株元が用土に埋まって株元に陽が射さなくなった為でした。

これまでそのような状態になった鉢は植替えしたり余計な用土を洗い流したりして対応していましたが、いっその事植付け時に対策が取れないものかとこの冬考えていました。

そこで考えたのが「用土が持ち上がるならその分少なくしてバルブも浅く植付ければ用土が持ち上がっても株元が隠れないのではないか?」というものでした。

しかしながらこの案ではバルブの過半が用土から出ているので振動などでバルブが浮き上がってしまいます。そこでバルブの周りだけ盛り土をしてみました。

多分これで「うまくいく!」と思います。

検証結果は8月はじめにも出ますのでまた報告させてもらいます。









スポンサーサイト

【2012/06/24 18:16】 Water Garden - スイレン | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
              

スパム対策のため半角での書き込みができません。入力は全角にてお願いします。



top>>

この記事のトラックバックURL

top>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。