fc2ブログ

温帯スイレン用プランター



温帯
スイレンプランター


昔は温帯スイレンの容器として浅型の駄温鉢を使っていましたが、温帯スイレンの成長特性から今は容器をプランターに変更しました。
ただ、水鉢やキングタライでは一番小さな市販の底網無しプランターでも使い勝手が悪く(幅が大きい)一時はプランターの幅を縮めてスリムプランターに加工して使っていたこともありました。

昨年、温帯スイレン用に水槽を作ったのでスペースの問題は無くなりスリムプランターを使わなくても良くなったので市販の標準品に戻していましたが、温帯スイレンの他に河骨も水槽に入れはじめるとたちまちスペースが無くなってしまいました。

そこで温帯スイレンの容器に使えそうなスリムなプランターがないかと探していたところ、私のイメージにぴったりのプランターを先日見つけました。

それは写真のリッチェルのカラーバリエプランターです。

特に気に入ったのはサイズもそうですが、色がコーヒーブラウンで鉢中に光が入らないようになっています。これまで使っていたプランターは白やブラウンで光が透過して根が日焼けをおこしていました。

これならば日焼けせず根が良く成長してくれるのではないかと期待をしています。

とりあえず32型と40型のサイズを購入してみました。

価格は32型が300円台、40型が400円台で価格的にも満足しています。

ただこのまま植えて水槽に沈めると水の動きで横倒しになるかもしれないので転倒防止用の足を後付で加工する予定です。

植替えもあと6-7鉢を残すだけとなり、この温帯種の植替えが終れば次はいよいよブルーベリーの植替えに着手しようと思います。





リッチェル カラーバリエプランター 32型 コーヒーブラウン

スポンサーサイト



【2012/01/19 20:58】 Water Garden - スイレン | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
top>>

【 No title 】

私も去年底穴なしのプランターを探していて、同じくリッチェルのカラーバリエにしました。
うちでは普通種を40に、ワウ!などの伸びる品種を60に植えていますが、60にいっぱいまで土を入れると重い重い・・・
次の日には筋肉痛になります。

【2012/01/23 22:41】  URL | 鱗海 [ 編集]
top>>

【 リッチェル カラーバリエプランター 】

鱗海さん
なるほど、60cmプランターはカラーバリエでも重いのですね、
それなら別な方法として32型タイプを2個接続して使ってみるのも良いかもしれません。(接続はリベット)
ちなみにうちでは普通サイズを32型、根茎が伸びるタイプを40型に植えています。

【2012/01/24 08:55】  URL | ラビ(管理人) [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
              

スパム対策のため半角での書き込みができません。入力は全角にてお願いします。



top>>

この記事のトラックバックURL

top>>