FC2ブログ

熱帯スイレンの冬越し その2 (ムカゴ種編)


熱帯スイレン
冬越し その2(ムカゴ種編) 



先週、やっとムカゴ種以外の熱帯スイレンの冬越し作業に着手しました。(BLINKは作業完了)
あと残りはムカゴ種と一部の昼咲き種だけです。

熱帯スイレンの冬越しは開花時期が終わる9月頃から肥料を切らせて自然と休眠状態に移行するよう準備をするのですが、ことムカゴ種となると何時までたっても花芽があがりなかなか休眠してくれないのが現実です。

以前は葉や根が元気で花芽も上がっている株を根や葉を切って強制休眠させることも何度かしたことがありますが大抵は越冬を失敗してしまいました。

熱帯スイレンが休眠するには次の3つの条件が関わってきます。

 ?、温度(気温及び水温)
 ?、日照
 ?、養分(肥料)

これらは熱帯スイレンの活動には無くてはならないものですが、これらの要素のうち1つでも欠けると植物の活動に支障が出てしまいます。

通常熱帯スイレンは開花期を過ぎると子孫を残す為、増殖モードに移行し新しいバルブを作るようになります。それに比べて、ムカゴ種はムカゴで増殖が可能なので株の増殖を行う必要がなく、いつまでも開花期が続いてしまうのです。

今年もあと2週間程となり、今朝は大睡蓮鉢に初氷が張っていました。ここ大阪にも冬がやってきました。

先々週から熱帯スイレンの冬越し作業を開始しましたが、そろそろ熱帯スイレンの越冬作業を終らせて、年が明ければブルーベリーの植替えに着手しなければなりません。
そろそろこのあたりでムカゴ種の熱帯スイレンにもお休みしていただこうと思います。
とはいっても、今年一番の寒さの中、ムカゴ種はまだまだ元気に花芽が上がっています。
根や葉はまだまだしっかりしています。そこで葉や根を切って強制休眠させるのではなく上記の休眠3要素によって休眠させることにしました。

これまで十数回スイレンの輸入を行ってきました。輸送期間は地域によっても変わってきますが約1週間かかるのが普通です。

スイレンは根洗いされて、濡れた新聞紙や紙にくるまれてビニールに入れられて送られてきます。

届いた株はほぼ確実に、ついていた葉や根が腐って新しい葉や根が生えてきます。ムカゴ種の越冬にこの手が使えないものかと前々から考えていました。根だけにすることで肥料が絶てます、梱包されているので1週間日を浴びることもありません。これと同じ状態にすればムカゴ種といえども休眠せざるを得ません。

ということでムカゴ種の休眠準備作業を行いました。1週間後取り出して葉と根を切って瓶詰めする予定です。


鉢から堀出すと根はまだまだ元気な様子です。


新聞紙に包んで水で濡らします。








スポンサーサイト



【2011/12/18 23:32】 熱帯スイレンの冬越し対策 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
top>>

【 管理人のみ閲覧できます 】

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2011/12/22 21:44】  URL | [ 編集]
top>>

【 ムカゴ苗の冬越しについて 】

秘密のコメント さん
ムカゴ苗は室内に取り込んで窓際の日が当たるところで水槽等にいれて冬越しさせてください。
寒さにはそこそこ強いと思いますが凍ったりするとダメージがあると思います。

【2011/12/23 07:54】  URL | ラビ(管理人) [ 編集]
top>>

【 福kitaru 】

明けましておめでとうございます
睡蓮記事楽しみにお邪魔します
今年もよろしくお願いします

【2012/01/02 09:45】  URL | [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
              

スパム対策のため半角での書き込みができません。入力は全角にてお願いします。



top>>

この記事のトラックバックURL

top>>