FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-)
top>>

熱帯スイレンの冬越し作業




熱帯スイレン
冬越し作業


熱帯スイレンの冬越し作業を行いました。(ムカゴ種以外)

今シーズンはほぼ全ての品種の越冬方法をスティールウール密閉式越冬法で行うことにしました。

そこで例年通り、半導体洗浄に使う超純水を準備し先週から作業を始めていました。

なにせ鉢数が半端な数では無いので、先週は鉢からバルブを堀出す作業だけで日曜日(まる一日)を費やしてしまいました。

堀上げた時いくつかの株はまだ活動しているようで念のためそのまま根のトリミングは行わず、バルブを根ごとネットに入れてプラ舟に沈めておきました。

さらに光が入らないようブルーシートで覆い同じサイズのプラ舟をかぶせています。

昨年まで堀上げたバルブはオーソサイド溶液に浸けて消毒していましたが、今年はキッチンハイターを薄めて次亜塩素酸ナトリウムによる塩素消毒を試みました。

次亜塩素酸ナトリウムの濃度ですが0.02%(200PPM)になるよう調整を行います。
キッチンハイターの原液には、ほぼ5%の次亜塩素酸ナトリウムが含まれていますので0.02%の10リットル溶液を作るには、原液が40CC必要です。

キッチンハイターの蓋は約25CCなので単純に2杯入れれば完成です。

この溶液に15分浸けて、一度流水で洗浄しガラス瓶にスチールウールと共に入れて超純水を注ぎます。

今日、なんとか50品種程冬越し作業が終りました。

いよいよ、来週末は現在考案中のムカゴ種の休眠化を試してみる予定です。













スポンサーサイト

【2011/12/12 00:44】 熱帯スイレンの冬越し対策 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
top>>

【 管理人のみ閲覧できます 】

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2011/12/16 05:54】  URL | [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
              

スパム対策のため半角での書き込みができません。入力は全角にてお願いします。



top>>

この記事のトラックバックURL

top>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。