FC2ブログ

熱帯スイレンの植替え その②



熱帯スイレン植替え その

ポリポット到着

注文していたポリポットが到着しました。本当は穴無しが欲しかったのですが穴無しは12cm以上のサイズしかなく、「それならば穴は塞げばいいや!」とポジティブに考えて標準品の穴有りを注文していました。
熱帯睡蓮の植え付け容器はアイリスのカラーポットカバーを使用しています。
今年、準備作業でカラーポットカバーを洗浄していて気づいたのですが、用土に赤玉土を使用している鉢はほとんど全てと言って良いと思いますが、鉢内が日焼けして鉄分が張り付いて取れません。これは光が入っている証拠です。以前花蓮を漬け物樽で栽培していたとき蓮根が変な形に折れ曲がってできていたことがあります。基本的に植物の根は光を嫌う性質があります。花蓮の場合は、鉢に突き当たった時光を感じてもう一度中に潜り込んだと考えられます。この反応は熱帯睡蓮でも同じではないでしょうか?
そこで、カラーポットカバーを使っても日焼けしないようにするにはどうすれば良いのかを考えてみました。一番手っ取り早いのは鉢中を黒や緑の塗料で塗ってしまうことでした。
光を遮断してしまえば日焼けすることはありません。その証拠にグレープ色はほとんど鉄分の焼き付けがありませんでした。しかしながら塗装してもそのうち剥げてきます。再度塗装し直すのも手間がかかるので育苗用のポリポットを使うことを思いつきました。
底の穴は直径が約20mmあります。外と中に黒色の布テープを貼り付けて穴は塞ぎます。
これなら、赤玉土を使っても鉢内が鉄分で焼き付けがおこることもありません。またシーズン後の用土処理も簡単にできそうです。

鉢の洗浄はあと少し残っています。これでやっと熱帯種の植え付けをすることができます。


スポンサーサイト



【2011/06/17 01:14】 Water Garden - スイレン | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
top>>

【 いつもながら 】

すごい情熱と研究心ですね。
先日我が家の近所で某情熱大陸の取材があり
国内最高齢の助産婦さんが出演されていましたが
このまま行けば もうすぐ取材されそうな
勢いですね。(笑

これからも楽しみにさせていただきます。

【2011/06/17 11:11】  URL | セブン@ワカヤマ [ 編集]
top>>

【 なるほど 】

我が家では種類もそれほど多くないので、すべてテラコッタの植木鉢を使っていますが、そのようなことは考えた事ありませんでした。
なるほど、ラビさんの考察にはいつも感心させられます。

【2011/06/18 00:44】  URL | 鱗海 [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
              

スパム対策のため半角での書き込みができません。入力は全角にてお願いします。



top>>

この記事のトラックバックURL

top>>