FC2ブログ

今日の熱帯スイレン

IMG_1676_800 のコピー

今日熱帯スイレン

昨年、知らないうちに誕生した実生苗です。

名無しではいけないのでSeeds 01 とつけました。

世界はISG花盛りです。日本でもここ数年、Aてつさんをはじめ写真家の加藤さんや育成家の佐藤さんたちが新しい交配品種を次々発表されています。

Berry's Water Gardenでも交配種育成してみては?・・・・てな話がありましたが、多品種を栽培して楽しんむのを主眼にしていますので、そのスペースを育成種にまわす余裕が無く新品種の育成は皆様にお任せするというのがうちのスタンスです。

しかしながら、勝手にできてしまったものは仕方がありませんのでマイガーデンの仲間に加わってしまいました。

これで品種不明株はN.Perry's Blue Heavenとヤマトナデシコ、とで3品種になりました。 それでなくても品種維持は大変ですのでこれ以上増えないことを願います。

N.Perry's Blue Heaven : タイの業者から購入、開発元のPerry's Water Gardenでは寒波(大雪)で小屋が倒壊して絶えてしまったそうで、タイの業者のHPの品種リストに載っているのを見つけ購入しましたが、他の品種で違うものを送ってきた為本品種も本物かどうか怪しく一応名前は付けていますがたぶん本物ではないと思います。

ヤマトナデシコ : アメリカの業者からピンクフラミンゴとして購入しましたが、某M川さんからも販売され他のスイレン愛好者の方々からピンクフラミンゴとは異なるとの指摘があり、NETの写真と比較したところ異なっていることが判明、購入した業者はLuster Aquatic Nurseryから直接苗を購入して販売しているのでLuster Aquatic Nurseryで何かの手違いで誤って混入したのではないかと推測しています。本来の品種と区別するためヤマトナデシコと命名。

IMG_1636_800 のコピー

IMG_2290_800 のコピー

IMG_1607_800 のコピー


IMG_1613_800 のコピー

IMG_1617_800 のコピー

IMG_1619_800 のコピー

IMG_1650_800 のコピー

IMG_1630_800 のコピー

IMG_1639_800 のコピー

IMG_1642_800 のコピー

スポンサーサイト

【2016/08/22 14:56】 未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>

熱帯スイレンの追肥

IMG_2979_800 のコピー

熱帯スイレン追肥

2.5号ポットから植え替えして1ヶ月、花上がりは順調です。某M川さんのHPではそろそろ休眠準備のため肥料を切る時期と書かれていますが、もう少し花を楽しみたいので追肥を行いました。

しかしながら、鉢数が多いのと、根が結構張っていることもあり(鉢に肥料を押し込むのも結構力が要ります。)この暑い最中の作業は大変です。


スイレンの施肥については前からひとつ疑問に思っていたことがあります。

花蓮の栽培では肥料は用土に入れるのではなく睡蓮鉢(水)に投入するだけでOKです。

夏場は蓮の葉からの蒸散が多いので水分の吸水量が多く水を吸収する過程で水中に溶け出した肥料分も合わせて吸収するからです。

同じ水生植物のスイレンでも同じように水分を吸収しているのであれば、用土に入れなくても睡蓮鉢に投入するだけで施肥できるはずです。

今日、睡蓮鉢に給水していると、葉が生い茂っている水鉢の水の減りがほかの鉢より多いことに気がつきました。これは蓮ほどでは無いにしろ、葉からの蒸散分を水鉢から摂取している証拠ではないでしょう?

本音は楽したいのですが、建前上、作業を簡素化したいので水鉢に直接肥料を投入してみました。(本当は手抜きしたいのが本音です。(笑)

(後でよく考えてみると、この方式なら肥料を切りたいときは水鉢から睡蓮を出して水を入れ替えるだけで肥料を切ることができっそうです。また、直接、肥料を水鉢に投入するデメリットですが、用水が富栄養化して糸状藻や苔が大量発生する恐れもあります。)

本来なら同じ品種の鉢を複数用意して比較試験すると良いのですが、シーズンも途中なので今から実験は難しく、是非来期の課題にしたいと思います。

IMG_2980_800 のコピー

【2016/08/22 00:47】 Water Garden - スイレン | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>