FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-)
top>>

N.immutabilis subsp.immutabilis



N.immutabilis subsp.immutabilis


昨年導入した宮川印の「N.immutabilis subsp.immutabilis」です。

残念ながら親バルブは越冬中に腐ってしまいました。

遅くまで休眠せず花を咲かせてくれていたのですが12月も押し詰まりタイムリミットで強制休眠させました。

多分ダメになったのはそれが原因だと思います。

分球して1個増殖していましたが、こちらも5月になっても音なしの構えで「やってしまったかな?」とほとんど諦めていました。

6月になって加温水槽のネットを見てみると長さ5mm、太さは縫い針の先ぐらいの細い芽が1本出てきていました。折らないよう慎重にネットからバルブを外して小さいカラーポットカバーに赤玉土を入れ、スネイルに食べられないようネットをかけて成長を見守っていました。

とりあえずここまで成長すれば植え替えが可能なので大きな鉢に植え替えることにしました。

(仮鉢はつぶさない赤玉土だけで肥料など何も入れていません。)

バルブを掘り出したところ根は全く出ていませんでしたので、まだまだ大きな意味での休眠状態のようです。

休眠状態から目覚めさせて、トップスピードにする為に、やはりあの秘密兵器を使おうと思います。(笑)

ただし、この秘密兵器、どんな状態でも効果があるわけではありません。
昨年、実験的にムカゴ苗にも使ってみましたがほとんど効果はありませんでした。

やはり、バルブがついていて栄養補給ができないと効果が出ないようです。

今週末は青Gと白G、そして桃Gの植え付けの予定です。

それらにも合わせて使ってみようと思います。



スポンサーサイト

【2011/06/22 15:18】 Water Garden - スイレン | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。